専門医で治療

顎関節症は、噛み合わせや歯ぎしりなどが原因でなることは多いものです。また、口を大きく開けることが難しく食事も一苦労となってしまうため早めに専門医で治療してもらうと良いでしょう。

Read More

免疫療法という治し方

癌性胸膜炎など、早期治療が望ましい病気に対して行われる治療のひとつに、免疫療法というものがあります。早期発見で、まだ体力が充分にあるうちに行えば、効果てきめんの治療方法です。

Read More

早期発見、早期治療

どんな病気もそうですが、「早期発見、早期治療」がカギを握ります。耳の神経が冒される聴神経腫瘍などは、初め目立った症状がなく、見逃してしまうこともあります。引っ掛かりがあるなら、迷わず病院へ行きましょう。

Read More

病気の治療

世界水準の治療レベルで評判を集めているのが加古川にある歯科クリニックです。治療の品質にこだわる方におすすめです。

脳出血を防ぐために治療が必要

脳動静脈奇形とは、動脈と静脈とが異常血管のナイダスによってつながってしまっているという奇形の一種です。約10万人に1人の割合で起こる奇形と言われています。放置しておくと、ナイダスの中にどんどん血液が溜まって、ナイダスが膨れ上がって、破裂してしまうことがあります。つまりは脳出血を起こすことになるわけです。それにより命を失う危険性もあるので、そうならないうちに脳動静脈奇形は治療しておく必要があります。脳動静脈奇形の治療は、ナイダスにコイルを詰めたり、ナイダスをクリップで抑えたりするという方法でおこなわれています。これらにより、ナイダスには血液が流れ込まなくなります。血液が入ってこなければ、血液が溜まりすぎることによる破裂を防ぐことができるわけです。

ナイダスを消滅させるガンマナイフ

脳動静脈奇形は、早期のうちならガンマナイフによって治療することも可能です。ガンマナイフとは、脳腫瘍の患者に対しておこなわれている放射線治療です。がん細胞に放射線を照射すると、がん細胞は力を失い、消滅していきます。これにより、脳腫瘍を徐々に縮小させていくことができるのです。そしてこのガンマナイフは、ナイダスにも有効なのです。放射線を照射すると、ナイダスは機能しなくなっていき、徐々に小さくなっていきます。定期的に照射を続けることで、だいたい3年ほどでナイダスは消滅することになります。コイルやクリップを挿入する治療は手術によっておこなわれますが、放射線は頭の外側から照射されます。手術せずに脳動静脈奇形を完治させることができるため、ガンマナイフによる治療を希望する人は多くいます。

治療と日常生活

潰瘍性大腸炎などの「難病」と呼ばれる病気。近年ふえているこの病気に関しては、治療をしながら日常生活を送ることも可能です。難病についての知識をつけ、諦める前にしっかり病院へ通いましょう。

Read More

オススメリンク

  • 千種区の歯医者なら池下さくら歯科

    お口のトラブルを手っ取り早く改善させたいのであれば、千種の歯医者さんへ行ってみませんか?まずは診療メニューを要checkです。
  • 医療法人 緑和会

    インプラントなら京都の歯科がおすすめ。質の高い治療を提供してくれるので、歯の悩みを確実に解消できるでしょう。